株式会社 北洲

メニュー

北洲ヒストリー【高性能住宅開発への取り組みの歴史】Company History

1958年北国の洲に創業

昭和33~36年の北洲ベニヤ商会と、創業当時の片方社長(当時)

創業者・片方厚夫が北上駅前通りに「北洲ベニヤ商会」創業。間口3間奥行6間の店舗と小さな1t車1台でスタート。
1961年結婚。苫子婦人(前相談役)は会計だけでなく、教師としての経験を生かし、新人社員教育や幹部社員の研修を社内に定着させるなど、以後2人3脚での経営を行う。

1973年岩手県トップの建材小売業に

岩手県トップの建材小売業に

1960年代より設備投資を実施し、思い切った投資が現在の北洲の基礎となる。
1973年には、建材小売業として岩手県でナンバーワンとなる。

1979年ツーバイフォー工法のパイオニアに

ツーバイフォー工法のパイオニアに

当時日本に導入されたばかりのツーバイフォーの先進性に着目し研究を開始。
1977年にはツーバイフォーハウスサービス部を設置し、実験住宅を全国に先駆けて岩手から発表した。

1981年「BBS大学」の開口 工務店様と共存共栄へ

「BBS大学」の開口 工務店様と共存共栄へ

当社の経営精神の根底には、常に工務店様との共存共栄があり、工務店様への情報提供の場、研修の場とするため「BBS大学」第1回を開校した。現在では、全国の著名な研究者や地方ビルダーの経営者を招き、開催している。

1983年高断熱高気密モデルハウス第1号

高断熱高気密モデルハウス第1号

宮城県仙台市に高断熱高気密モデルハウス第1号を発表。断熱性に自信がなければ実現できないリビングルームの大きな吹抜けが話題を呼んだ。窓はアルミサッシ+木製ペアガラスサッシの重装備。当時、寒冷地という意識が薄かった仙台において、高断熱高気密住宅の快適さを訴える画期的なモデルハウスとなった。

1985年窓の断熱性に着目

窓の断熱性に着目

1985年アルミサッシ全盛時代に、熱伝導率1/1000の樹脂製ペアガラスサッシを標準仕様に採用した。日本の樹脂サッシ普及率は現在もわずか7%(※)だが、北洲は30年前よりいち早く取り入れ、より高い性能を追求し、仕様の検討を繰り返している。
(※)出展:社団法人日本サッシ協会 住宅用建材使用状況調査 H24.3

1986年エアサイクル住宅部材供給、日本一に

エアサイクル住宅部材供給、日本一に

日本の気候風土にマッチした住宅への需要が高まる中、岩手県盛岡市で「エアサイクルパネル工法」の発表展示会を、エアサイクルホームシステム(株)と共催。今まで軸組されていたエアサイクル専用部材をパネル化した画期的な工法の普及拡大に努め、1986年以降エアサイクル住宅の部材提供で日本一の実績を誇る。

1987年世界の先進住宅・カナダR-2000のデモ棟建設へ

世界の先進住宅・カナダR-2000のデモ棟建設へ

「R-2000」は、カナダ政府が中心となり進める省エネ住宅プランで、西暦2000年までに住宅暖房のエネルギーを当時の4分の1にし、いずれは「ゼロエネルギー住宅」を実現しようというプロジェクト。
1987年カナダの省エネ住宅建築プロジェクトR-2000ホームの施工を当社が担当。IEA「世界の先進住宅」25棟のひとつに選ばれた。

1991年北洲総合研究所、21世紀プラザに開設

省エネルギー住宅賞「建設大臣賞」を受賞

宮城県仙台市の「21世紀プラザ研究センター」内に北洲総合研究所を開設。当社技術顧問の牧子芳正氏を所長に迎え、コンピュータを利用して住宅のデザイン・設計関連のソフトウエア開発に着手したほか、断熱性が高く、エネルギー効率のよいツーバイフォー工法の研究も進めた。(現在は北洲プラザ内に移動)

1993年省エネルギー住宅賞「建設大臣賞」を受賞

省エネルギー住宅賞「建設大臣賞」を受賞

住宅部門が新設された初年度、建設省(当時)の外部団体である(財)住宅・建設省エネルギー機構が募った「第1回環境・省エネルギー住宅賞」の最高賞である「建設大臣賞」を受賞した。

1997年健康住宅実験棟建設へ

健康住宅実験棟建設へ

住む人の「健康」という視点から、省エネルギーで耐久性に優れた健康住宅の開発に着手。当時のシックハウス問題を先取りした試みで、ホルムアルデヒドの少ない資材と換気計画の吟味を繰り返した。

1998年Q値、C値を公表、高断熱高気密を個別に照明

Q値、C値を公表、高断熱高気密を個別に照明

全ての住宅のQ値(熱損失係数、計算値)とC値(隙間相当面積、完成後の実測値)の公表を開始。専門業者による徹底した断熱・気密施工で北海道基準を上回る高い性能を実証している。

2005年サステナブル実験住宅を建設

サステナブル実験住宅を建設

「環境負荷削減と優良建築資産の蓄積」の両立を目指したサステナブルハウスプログラム研究会を設立。研究会は、INAX、松下電工など31社の会員で構成、実測及び検証は東北大学大学院工学研究科(当時)の吉野 博教授に依頼。研究成果は国際学会IAQVEC2007で発表された。

2005年新社屋「北洲プラザ」建設

新社屋「北洲プラザ」建設

将来の大型木造建築のモデルとすべく、木造3階建、延べ1200坪の新社屋を自ら設計施工した。1年間の工期を経て2006年5月完成。「一生涯のおつきあいの場」「エコロジー空間体感の場」「新技術、デザインに触れていただく場」「コミュニケーションの場」の4つをコンセプトとして、お客様、お施主様との交流の場としての役割も果たしている。

2005年住宅検診センター設置

住宅検診センター設置

同業他社に先駆けて、2005年から社内に住宅検診センターを設置。目視だけではなく専用の機器を使用した劣化診断・耐震診断を実施した上で、断熱性能と耐震性能を兼ね備えた住宅へのリフォーム提案を開始した。

2006年独アルセコ社との提携

独アルセコ社との提携

世界最高峰の技術を持つドイツのアルセコ社より湿式外断熱工法を導入。国内での独占販売権を取得し、戸建、マンション、ビル等の断熱向上を目指し、普及拡大に努める。2012年には、その断熱性と耐火性が認められ、厳しい温湿度管理が求められる「東京国立近代美術館フィルムセンター」で採用された。

2007年日本経済新聞社・(社)ニューオフィス推進協議会主催「ニューオフィス推進賞」「東北ニューオフィス推進賞 東北経済産業局長賞」受賞

日本経済新聞社・(社)ニューオフィス推進協議会主催「ニューオフィス推進賞」「東北ニューオフィス推進賞 東北経済産業局長賞」受賞

「第20回日経ニューオフィス賞」(主催 日本経済新聞社/社団法人ニューオフィス推進協議会 
後援 経済産業省/日 本商工会議所)において「ニューオフィス推進賞」及び「東北ニューオフィス推進賞」
<東北経済産業局長賞>を受賞。同賞は快適で機能的なオフィスを表彰する賞で、
全国各地合計106件の応募の中から選ばれた。

2007年木製サッシを標準採用

木製サッシを標準採用

断熱性能の高い木製ドレーキップサッシをスロベニアより直輸入。サステナブル素材である木を窓に使用することで環境に対する当社の姿勢を明確にすると同時に、より洗練された住宅デザインが可能となった。

2008年ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2008特別賞受賞

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2008特別賞受賞

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」とは省エネ性能の高いオール電化住宅を表彰し、省エネ住宅の普及を促進させようというもので、アルセコ外断熱と木製サッシの省エネ性能が評価された。ここからQ値1.0W/㎡Kを切る時代に突入。

2009年東北大との共同研究開始

東北大との共同研究開始

東北大学大学院環境科学研究科 田路和幸教授が代表を務めるNPO法人環境エネルギー技術研究所のメンバーとして、環境省を含む産学官連携の新プロジェクトに参加し、リチウムイオン蓄電池の普及に向けた実証実験を開始した。

2012年サイディンプレカット導入

サイディンプレカット導入

施工合理化だけでなく、現場で廃材が出ず騒音もないことから環境対策として期待されているサイディングプレカットを宮城、岩手に導入。2014年にはシン・サクと資本提携し、さらなる普及を目指す。

2013年片方厚夫会長が(社)日本住宅協会「住宅関係功労者」表彰を受賞

片方厚夫会長が(社)日本住宅協会「住宅関係功労者」表彰を受賞

1977年より一貫して高断熱高気密の住宅を供給し、東北における2×4住宅の普及と住宅性能の向上に寄与した功績が評価された。

2013年エコモデルタウンプロジェクト

エコモデルタウンプロジェクト

宮城県と仙台市、東北大学、民間企業の協力による、仙台市田子西地区スマートヴィレッジ街区の住宅建設に三角。2015年の国連防災会議での視察が予定されている。

2014年プラスエネルギーホーム開発

プラスエネルギーホーム開発

1次エネルギーの年間消費量が創エネルギーより小さい住宅を研究開発し発売。外皮性能やパッシブデザインを追求した住宅。

2014年潜熱蓄熱塗り壁材「エコナウォール25」を開発

潜熱蓄熱塗り壁材「エコナウォール25」を開発

室内気候研究所の石戸谷 裕二工学博士と技術提携し、メーカー2社とともに、蓄熱する内装塗り壁材を開発、販売を開始した。

2015年低炭素杯2015「LIXIL最優秀家庭エコ活動賞」

低炭素杯2015「LIXIL最優秀家庭エコ活動賞」

次世代に向けた低炭素社会の構築を目指し、全国各地の低炭素な活動を表彰する低炭素杯2015にて、北洲の『37年に渡る寒冷地での省エネ木造住宅の普及』の取組みが「LIXIL最優秀家庭エコ活動賞」を受賞。 社員全員がチャレンジし続けてきた世界水準の家づくりへの挑戦の歴史が高く評価された。

2015年ジャパン・レジリエンス・アワード「最優秀レジリエンス賞」受賞

ジャパン・レジリエンス・アワード最優秀賞受賞

次世代に向けたレジリエンス社会を構築するために、全国各地の先進的な活動を表彰する第一回「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2015」におきまして、北洲の「高性能機器を使ったインスペクションによる劣化防止・耐震化促進」の取組みが「最優秀レジリエンス賞」を受賞し、2015年3月15日、国連防災世界会議と併催された式典にて表彰された。

2016年「プレミアムパッシブハウス」建設

「プレミアムパッシブハウス」建設

断熱・蓄熱・遮熱の最新技術を集め、快適・健康・省エネを実証する住宅を仙台市に建設。竣工後は東北大学と協働で環境測定を行なう。2017年4月完成見学会予定。