快適性能 家にいることがなによりも心地いい 快適性能 家にいることがなによりも心地いい
2×4工法
地震と火災に強い
『阪神・淡路大震災で大きな被害を受けたのは一部の在来木造であって、木質プレハブとツーバイフォーはほとんど無被害に近かった。
阪神の被災地には構法・構造的に多種多様な木質構造が建っていて、しかも建設の年代が大正の後半から現在までという広範囲にわたっていた。
こういう状況での震災は、われわれ研究者にとっては、木質構造の耐震性を見極める格好の機会であった。
そして木質プレハブと
ツーバイフォーが無被害だったことにより木質構造の耐震化の手だてをしっかり掴み得たと思っている。』
「地震と木造住宅」杉山英男著 より抜粋

ツーバイフォー工法は、床・壁・屋根が一体となったモノコック構造。六面の強固な一体構造で、地震や台風などの外力が構造の一箇所に集中せず、 分散してバランスよく受け止めて地盤に逃がします。

ツーバイフォー工法は、準耐火構造と認定されており、火災保険料も在来工法の半分以下になります。

  • 1. 30分間の火災に耐える構造材。
  • 2. 構造材を火から守る
  • 3. 石膏ボードの内装下地。
  • 4. 火の通り道となる床下や壁内部の空気の流れを遮断する「ファイヤーストップ構造」。
  • 5. 不燃材であるグラスウールの断熱材を充填。

このように建物内部での燃焼拡大を遅らせ、初期消火をはかり、その結果、全焼して近隣に被害を及ぼすことも防いでいるのです。

サステナブル耐震
高気密・高断熱

高性能住宅の条件

「高性能住宅」として備えなければならない条件は、次のとおりです。

  • A. 室温20-24℃
  • B. 頭部と脚部の差 3℃
  • C. 床表面温度19~26℃(床暖は29℃以下)
  • D. 気流0.15m/s以下
  • E. 壁と窓の輻射温度差10℃以下
  • F. 天井からの不均一な輻射温度差5℃以下
  • 高性能グラスウール

    グラスウール(壁)は、隙間なく施工することができ、耐火性の高い断熱材です。専門業者による徹底した断熱・気密施工で、次世代省エネ基準の北海道基準を上回る高い性能を実現しています。

  • 樹脂サッシ
    Low-Eペアガラス-アルゴンガス

    “最新技術の結晶”として生まれた樹脂サッシ。圧倒的な断熱性・気密性・遮音性に加え、防犯性・デザイン性にも優れたサッシです。

  • 玄関ドア

    スタイリッシュなデザインラインナップ、高い防犯性、そして採風・採光機能を持ったハイグレードな玄関がお客様をお出迎えします。

  • デマンド換気システム

    内蔵の温湿度センサーで室内の空気状態を確認し、状況に応じて風量を自動制御。暖房負荷を20〜60%低減すると同時に温湿度環境を快適領域に誘導します。

創エネ・太陽光発電

オール電化

年間光熱費シミュレーション

年間光熱費シミュレーション haluka HS1-D(太陽光発電搭載) 年間光熱費 4301円
  • DESIGN デザイン
  • PLANNING プランニング
  • PERFORMANCE 快適性能
  • アフターメンテナンス
  • 住まいづくり
  • よくあるご質問

WEB限定プレゼント

住まいづくりに関するお役立ち情報やhalukaの魅力が詰まった資料セットをお届けします。

商品の詳細については、「ハルカGIFT」をご請求ください。