本格的な夏が来る前に庭のお手入れを

花火やプール、ガーデニングなどを楽しむ夏の庭は、早めに手入れをすることが大切です。

 

 

梅雨が明け暑くなってくると、庭の草や木がグングン成長してきます。手入れが面倒だからと放っておいて、草が根付いてから抜くのはとても重労働です。

 

また、夏場は特に虫が活発になるので気を付けなければいけません。草だけでなく植木も手入れをしていないと、小さな虫だけでなく蜂など害虫を呼び寄せる原因にもなりかねます。庭木に虫が集まるなど簡単に除去できなくなり、ますます庭の手入れは面倒になってしまいかねません。

 

そのため、草が伸びてしまう前に取り除くように心がけることがポイントです。気になったときに草むしりをこまめに行えば、まだ根の十分に張っていない草なので簡単に抜くことができます。雨あがりなど地面が湿っていれば、さらに作業がはかどるでしょう。そして、合わせて気にしたいのが、壁やバルコニーなどのエクステリア。梅雨の間に苔や汚れが付着してしまったエクステリアも一緒に綺麗にしましょう。

 

お庭での作業はくれぐれも熱中症対策に気を付け行ってください。

ハルカの
資料請求はこちら