SUSTAINABLE DECK サステナブルデッキ

サステナブルデッキ 色あせない美しさ、上質な木質感

超促進耐候性試験30年相当に耐えうる驚きの耐候性能

木材を超える木材へ「人口木材サステナブルデッキ」

基材層の主原料にはABS樹脂、表層の主原料にはより耐候性に優れるASA樹脂を採用。
PP(ポリプロピレン)系樹脂を主原料とする人口木材とは違います。

吸水割れしにくい
高強度・高剛性
低線膨張
高耐候性

耐摩耗性
自己消火性
防蟻性
耐腐朽性

ABS樹脂×ASA樹脂

ABS樹脂は、家電外装・事務機器・自動車の内外装といった長期的な強度が必要な商品に用いられている、スチレン系プラスチック素材です。主に日用雑貨やシャンプーボトルなどの日用品容器に使用されている、ポリプロピレン(PP)やポリエチレン(PE)と比較し、機械的強度、剛性、磨耗性に優れているのが特徴です。
また、ASA樹脂とは、ABS樹脂のゴム成分を耐候性に優れるアクリルゴムに変換することで、より耐候性を強化した素材です。

JIS認定素材だから安心

JIS A5741「木材・プラスチック再生複合材」の認定を取得しました。

施工時の美しさが続くメンテナンス性能抜群のウッドデッキ

いつまでも続く自然の風合いと美しさ

メンテナンスフリー

塗替え不要・腐りにくい
サステナブルデッキは腐りにくく、ささくれや干割れもないため、木材のように定期的な塗装作業が不要です。

自然な木質感

サステナブルデッキの中には木粉が多く入っていますので、ツヤが少なく触れたときにやさしさを感じます。

色あせにくい

木材よりも経年による色変化が少なく、施工時の美しさが長期間保てます。

建物にマッチするカラー

建物との調和を図れるようにカラーバリエーションを取り揃えています。

歩行時の安定感と優れた安全性

安定感のあるデッキ

木粉を多く含むので強度が高く、歩いたときの安定感があります。

安全設計

表面にビスが出ない安全設計。また、水に濡れてもぬめりが出にくいため、滑りにくく雨が降った後でも安心です。

自己消火性で火災に強い

公共エリアや商業施設・学校などに採用されており、高い信頼性があります。

※燃焼時間は燃焼距離が100mmに達した時間。
燃焼距離、燃焼時間が一定基準以下の場合に自己消火性または不燃性と判断しますが、サステナブルデッキは不燃性となります。しかし、建築基準法上の不燃、準不燃、難燃とは違いますので、ご注意ください。

お客様の声

メンテナンスのし易さから選んだサステナブルデッキ。
木材と変わらない高級感に大満足です!

北上市 Y様邸 | 15年目のウッドデッキをリフォーム

ささくれや干割れの心配がなくなり、非常に快適に過ごしてます。以前よりデッキに出ることが多くなりました!

Q&A

Q  お掃除やお手入れはどのようにすれば良いですか?

ほこりや靴跡には、まずは水洗いをしてみてください。高圧洗浄機を使用すると便利です。汚れ具合によっては、デッキブラシを使って長手方向に沿って水洗いして下さい。
お飲み物のこぼれジミには台所用中性洗剤とデッキブラシを使って、洗浄すると効果的です。劣化の原因になるのでシンナーやベンジンなどの有機溶剤や強酸・強アルカリ性の洗浄剤は使用しないようにして下さい。

Q  バーべキューをした際に少し焦げ跡をつけてしまったのですが、補修する方法はありますか?

サンドペーパーで削ることで目立たなくできます。焦げ跡は、周囲が盛り上がるような変形が発生しますので、最初に#100程度の目の細かいサンドペーパーで表面の盛り上がりを削り落し、#40のサンドペーパーで目を整えるようにして下さい。

Q  人口木材がプラスチック素材ということは、水を吸いにくく水溜りができやすいのでは?

雨水の流路を確保したデザインになっており、かつ1枚1枚に水勾配が付いているため、水溜りができにくくなっています。

Q  他社の製品でも人口木材と謳っている製品があり、正直どれを選んで良いかわからないのですが。

人工木材と一言で言っても、使っている素材はさまざまです。北洲のサステナブルデッキは基材層の主原料にはABS樹脂、表層の主原料にはより耐候性に優れるASA樹脂を採用しているため、PP(ポリプロピレン)系樹脂を主原料とする人工木材と比べ、吸水割れしにくい、破壊強度が高く、たわみにくい、温度変化による伸縮率が低い、耐候性が高いといった特徴があります。ぜひ、参考にしてみてください。

Lineup

プラン1 1.8×2.4m 236,000円
プラン2 1.8×3.0m 295,800円
プラン3 2.4×2.4m 293,600円
プラン4 1.8×3.0m 364,400円

※標準設置工事費含む(犬走り施工費、束石設置費等の附帯工事は対象外)
※上記金額はH400、束石使用で試算したものです。現場状況によって価格が変更になる場合があります。
※このカタログの記載内容は2017年3月現在のものです。仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。