econawall25 エコナウォール25

どんなインテリアにも合う、手仕上げの美しい風合い

太陽熱や夜間冷気を蓄えて利用する、エコな塗り壁。

太陽熱や夜間冷気を蓄えて利用するエコな塗り壁の誕生です。冷暖房設備に過剰に頼ることのない、快適な省エネライフを実現します。
暖房費を4割削減※熱損失係数(Q値)1.3W/㎡Kの住宅での実測値(室内気候研究所の報告より)

エコナウォール25の特徴

特長1  壁からの輻射熱で、冬は自然な暖かさを体感できます。

特長2  吸放湿性能で冬の過乾燥や夏場のジメジメ感を低減します。

特長3  伝統的な左官による美しい仕上がりで、耐久性にも優れています。

潜熱蓄熱塗り壁「エコナウォール25」のしくみ

塗り壁材に含まれているマイクロカプセルに内包された潜熱蓄熱材(PCM)が、室温が上昇すると熱を吸収して融解し、室温が下がると熱を放出して凝固。冬の日射熱を夜間の暖房に活用できたりオーバーヒートを抑えられたりなど、室温を一定時間25℃に保つ働きをします。

エコナウォール25が吸熱・放熱を適宜繰り返すことで室内を25度に保ちます。

Lineup

蓄熱量の異なる2タイプをご用意しています。

容積蓄熱量 蓄熱性能 内容量 標準施工面積
(3~4mm厚)
エコナウォール25S
(スタンダード)
35.5MJ/m3 モルタルの9.3倍 15kg/袋 7~8m2/袋
エコナウォール25B
(ベーシック)
19.8MJ/m3 モルタルの4.7倍 15kg/袋 5~6m2/袋

Q&A

Q1

エコナウォール25の蓄熱効果を実感するには、住宅性能や施工面積、範囲はどの程度必要ですか。

A

エリアや方位、間取り、開口部、ガラス種類によっても異なりますが、目安の性能と施工面積は次のとおりです。(新築・既存住宅ともに)

エコナウォール25S エコナウォール25B
住宅性能の目安
単位:W/m2K
次世代省エネ基準(平成11年度基準)

地域 I II III IV V VI
Q値 1.6 1.9 2.4 2.7 2.7 3.7

 

改正省エネ基準(平成25年度基準)

地域 1 2 3 4 5 6 7 8
UA値 0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87  – 
施工面積 約120m2以上 約180m2以上
Q2

エコナウォール25の「25」とは何ですか?

A

25℃で融解、凝固することを意味しています。例えて言うと、25℃で溶けたり固まったりする氷です。(「相変化温度」が25℃ということです。)

Q3

PCMとは何ですか?

A

PCM(相変化物質:Phase Change Materials)はNASAのために開発された新素材で、熱を吸収・発散することで一定の温度を保つ性質があります。PCMを用いた蓄熱システムとは、パラフィンの凝固、融解に伴う潜熱の吸収放出に代表されるように、ある温度で起こる相変化に伴う熱(潜熱)を利用した蓄熱作用のことです。この作用をカプセルとしたものが、エコナウォール25に含まれる潜熱蓄熱材のマイクロカプセルです。

エコナウォール25が吸熱・放熱を適宜繰り返すことで室内を25度に保ちます。

Q4

エコナウォール25は防火材料等認定商品ですか?

A

不燃・準不燃・難燃いずれも取得しておりません。
・ 住宅においては火気使用室では使用できません。
・ 特殊建築物においては使用範囲にご注意ください。

Q5

エコナウォール25はF☆☆☆☆を取得していますか?

A

「ホルムアルデヒドに係る関係告示」の対象外商品なので、取得しておりません(規制を受けることなく使用することができます)。
室内気候研究所が行った施工後の環境調査によると、厚生労働省基準(100μg/m3)以下となっていることを確認しています。実験室での検討では、施工直後のホルムアルデヒド濃度は0.01ppmと環境基準値の0.08ppmを大きく下回っていることを確認しています。

Q6

エコナウォール25はどのぐらいの厚みに仕上げるのがよいでしょうか。

A

3~4mmの厚さに施工するのが効果的です。施工方法は、漆喰や珪藻土など一般の既調合左官材料と同様ですが、注意点としては、マイクロカプセル化した潜熱蓄熱材が含まれているため材料にせん断力がかからないよう、水にエコナウォール25を徐々に加えてペースト状にします。
エコナウォール25は施工が容易ですので、リフォームなど改修工事にも使用することができます。

Q7

エコナウォール25の他の材料と比べて蓄熱量はどのぐらいですか。

A
エコナウォール25S エコナウォール25B
セメント・モルタル比較 9.3倍 4.7倍
せっこうボード 25.0倍 12.6倍

Q8

エコナウォール25は日射熱を蓄熱して利用する塗り壁材ですが、日射熱を取り入れるために窓の性能等、設計上配慮すべきことはありますか。

A

窓ガラスの仕様について、日射遮蔽型よりも日射取得型(※目安としてη(イーター)値0.5以上)の採用が望ましいです。また、冬季に日射が室内に入るように設計してください。

Q9

エコナウォール25はどのぐらいもちますか。

A

マイクロカプセルPCMの耐久性能については、30年でおよそ90%、90年でおよそ70%の性能が維持されるという結果があります(室内気候研究所の繰返し加熱冷却実験データによる)。 またエコナウォール25は、10数年ごとに買い替えが必要な設備機器とは違い、メンテナンスの必要はありません。ひび割れなどが生じた場合には、補修剤をつかった対処や上塗りが必要になりますが、耐久性に優れた商品です。

Q10

クロスや漆喰壁などの上から重ね塗りすることはできますか。

A

施工が容易なのでリフォームにも使用できます。ただし、断熱性・気密性をしっかりと確保することが前提となります。断熱性能が著しく悪い場合には、施工しても蓄熱効果が得られません。(住宅性能の目安としてQ2を参照ください。)

Q11

エコナウォール25の他の材料と比べて蓄熱量はどのぐらいですか。

A

指定の下地処理などを行えば重ね塗り可能です。但し、下地(ボード)の固定状況やクロスの剥がれ、浮き、汚れなどの状態が悪い場合にはその限りではありません。

Q12

蓄熱材による人への害はないでしょうか。

A

エコナウォール25に使用している潜熱蓄熱材(PCM)はn-ヘプタデカン、n-オクタデカンで、いずれも発がん性、変異原生、経口毒性が確認されていない安全な物質です。国際規格(ISO)においても、TVOC規制の対象外となっています。

Q13

カラーバリエーションはありますか。

A

現時点では石膏の美しい白色を生かしたホワイト色のみとなっております。

Q14

マイクロカプセル自体は何の素材で出来ているのでしょうか。

A

パラフィン(蝋)です。使用しているn-パラフィンは人体に無害で、しかも廃棄後も微生物によって全て分解されるという、優れた環境性能を持っています。

Q15

エコナウォール25を自邸に採用する場合の光熱費シミュレーションなどは算出してもらえますか。

A

光熱費シミュレーションは有料ですが対応しています。詳しくは、北洲総合研究所(TEL022-348-3796)までお問合せください。