補助金制度について

補助金を活用するなら北洲リフォームへ!

補助金を活用するなら北洲リフォームへ!

北洲リフォームは、環境性能や長期優良住宅に対応した補助金事業に積極的に取り組み、高い実績を積み重ねてきました。その経験は、これからリフォームをご計画されている方々にとっても、きっと安心して頂けるポイントであると考えます。
補助金事業はいくつかありますが、申請手続きの複雑さや採択までの流れはそれぞれに異なります。しっかりとした手順で進めないと、せっかくの制度を利用できずに終わってしまうこともあります。私たちは、家づくりの計画段階から補助金制度の利用の可否を見極め、またはご提案し、お客さまのメリットを最大限に活かしてまいります。

ここでは、国土交通省の『長期優良住宅化リフォーム推進事業』と、環境共創イニシアチブの『住宅省エネリノベーション促進事業費補助金』の二つをご紹介します。

長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォームとは

本事業は、性能向上のためのリフォーム及び長寿命化を図る取り組みに対し、国が事業の実施に要する費用の一部について支援する事業です。

補助対象
① 特定性能向上工事 ⓐ 劣化対策
ⓑ 耐震性
ⓒ 維持管理・更新の容易性
ⓓ 省エネルギー対策
ⓔ 可変性
ⓕ バリアフリー性
※ⓐ~ⓕまでの工事に要する費用が過半であること
② その他性能向上工事 ・インスペクションで指摘を受けた箇所の改修工事
・屋根、外壁の改修工事バリアフリー工事
・環境負荷の低い設備への改修
・一定水準に達しないⓒ~ⓕの性能向上に係る工事 等
最大で100万円の補助

長期優良化住宅リフォームに三世代同居改修を合わせた場合

長期優良化住宅リフォームに三世代同居改修を合わせた場合

住宅省エネリノベーション促進事業費補助金

住宅省エネリノベーション促進事業費補助金とは

リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えること。本補助金は、住宅のリノベーションに「省エネ性能が高い建材(ガラス・窓・断熱材)」を用いた断熱改修を付加し、支援する国の補助金制度です。

補助対象
補助対象

補助金交付の対象となる費用は、次のA・Bに該当するものになります。
A:製品(補助対象)の購入費用
B:製品(補助対象)の設置取付と一体不可分の工事費用
※高性能設備は、既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業では補助対象ではなく、本事業から補助対象に追加されました。また、戸建住宅の断熱改修と同時に導入・改修する場合のみ補助対象となります。

最大で150万円の補助

※高性能建材の場合

対象製品 補助率 上限額
高性能建材
(ガラス・窓・断熱材)
補助対象費用の1/3以内 150万円/1戸
蓄電システム 【定額】5万円/kWh 補助対象費用の1/3又は50万円以下
高効率給湯機 補助対象費用の1/3以内 15万円

※集合住宅の全戸改修においても適用となります(例えば、集合住宅50戸を改修する場合、150万円掛ける50戸が上限額)。
共用部である非住戸部を改修する場合は、当該非住戸部のロビー、集会所、管理人室等をあわせて、上限額は150万円となります。

この他にも市町村によっては、いくつかの補助金制度がございます。
もちろん工事内容によって利用できるものが限られますので、詳しくはお問い合わせください。