電力自由化について

電力自由化

2016年4月より、一般家庭向けにもスタートした「電力自由化」。
わかっているようでわかっていない点などもあるかも知れませんね。
改めて、 基本的な部分をQ&Aでまとめてみました。

Q
電力自由化とは何ですか?

A

電力会社を企業や個人が自由に選べるようにするための一連の改革になります。海外では家庭向けの自由化がすでにスタートしていましたが、日本においても2016年4月から自由化がスタートしました。

工場や大型商業施設では、以前から自由化がスタートしていた

工場や大型商業施設では、日本でも以前から自由化がスタートしていた

Q
電力自由化はなぜ必要ですか?
A
規制緩和により既存の電力会社以外の参入を促し、選択肢を増やすことで電力会社間の競争を生み、電力の安定供給や、国際的にも高水準な電気料金の抑制を目指すためです。
東日本大震災後の電力の仕組み、制度への不安の高まりがきっかけとなり、一般家庭なども含めた全面的な自由化が実現されることになりました。
Q
どんな会社から選べますか?
A
ガス会社・通信会社・住宅メーカーなどといった異業種からの電力販売事業への参入が進んでいます。既存の電力会社も新しいメニューを予定したり、他エリアへの進出をはかっています。
Q
電力会社を変更することで、私たちにどんなメリットがありますか?
A
電気料金がいまより安くなるだけでなく、クリーンな電気の購入や電気の時間帯別使用状況の確認(見える化)といったこれまでにない新しいメニューやサービスが利用できるようになります。
たとえば、消費者のライフスタイルに合わせて時間帯別に料金が変わるメニューや、ガス・水道料金や電話・通信料金のセット割引など、多様な料金メニューが展開されています。
環境に配慮したい方は、太陽光や風力といった発電方法による自然エネルギーを利用したり、節電を徹底したい方は、電気使用状況の見える化によって時間帯毎の使用量を把握して電気の無駄遣いを削減したりすることができます。

Q
新電力事業者が停電・倒産するリスクはありますか?
A
新電力事業者であっても既存の電力会社の設備を利用するので、停電リスクは原則変わりません。
万が一、発電量の不足など停電リスクが高まった場合や契約中の電力会社が倒産した場合も、地域間や電力会社間で電気を融通し合う体制が整えられているほか、様々なセーフティネットが設けられているため電気の供給が止まることはありません。
(参考/経済産業省・資源エネルギー庁HP)

異業種からの参入を含めて、様々なサービスを盛り込んだ商品が出てきています。
メリットがどれだけあるかはそれぞれの事業者のプランによって異なりますし、 ご家庭の状況に応じても変わってきます。
既存の電力会社から変えることで大きなメリットが出るようであれば、ご検討してみるのも一つかもしれませんね。