PERFORMANCE

性能・快適性

performance01 2×4工法

地震と火災に強い 高性能住宅

『阪神・淡路大震災で大きな被害を受けたのは一部の在来木造であって、木質プレハブとツーバイフォーはほとんど無被害に近かった。
阪神の被災地には構法・構造的に多種多様な木質構造が建っていて、しかも建設の年代が大正の後半から現在までという広範囲にわたっていた。こういう状況での震災は、われわれ研究者にとっては、木質構造の耐震性を見極める格好の機会であった。
そして木質プレハブとツーバイフォーが無被害だったことにより木質構造の耐震化の手だてをしっかり掴み得たと思っている。』

「地震と木造住宅」杉山英男著 より抜粋
床・壁・屋根が一体となったモノコック構造

2×4工法とは?

ツーバイフォー工法は、床・壁・屋根が一体となったモノコック構造。六面の強固な一体構造で、地震や台風などの外力が構造の一箇所に集中せず、 分散してバランスよく受け止めて地盤に逃がします。

準耐火構造
  1. 30分間の火災に耐える構造材。
  2. 構造材を火から守る
  3. 石膏ボードの内装下地。
  4. 火の通り道となる床下や壁内部の空気の流れを遮断する「ファイヤーストップ構造」。
  5. 不燃材であるグラスウールの断熱材を充填。

火災保険料が在来工法の半分以下に

ツーバイフォー工法は、準耐火構造と認定されており、火災保険料も在来工法の半分以下になります。建物内部での燃焼拡大を遅らせ、初期消火をはかり、その結果、全焼して近隣に被害を及ぼすことも防いでいるのです。

高性能住宅の条件

高性能住宅の条件

「高性能住宅」として備えなければならない条件は、次のとおりです。

  • A. 室温20-24℃
  • B. 頭部と脚部の差 3℃
  • C. 床表面温度19~26℃(床暖は29℃以下)
  • D. 気流0.15m/s以下
  • E. 壁と窓の輻射温度差10℃以下
  • F. 天井からの不均一な輻射温度差5℃以下
高性能グラスウール

高性能グラスウール

グラスウール(壁)は、隙間なく施工することができ、耐火性の高い断熱材です。専門業者による徹底した断熱・気密施工で、次世代省エネ基準の北海道基準を上回る高い性能を実現しています。

樹脂サッシ Low-Eペアガラス-アルゴンガス

樹脂サッシ
Low-Eペアガラス-アルゴンガス

“最新技術の結晶”として生まれた樹脂サッシ。圧倒的な断熱性・気密性・遮音性に加え、防犯性・デザイン性にも優れたサッシです。

玄関ドア

玄関ドア

スタイリッシュなデザインラインナップ、高い防犯性、そして採風・採光機能を持ったハイグレードな玄関がお客様をお出迎えします。

デマンド換気システム

デマンド換気システム

内蔵の温湿度センサーで室内の空気状態を確認し、状況に応じて風量を自動制御。暖房負荷を20〜60%低減すると同時に温湿度環境を快適領域に誘導します。

performance02 長期優良住宅

20年後の証明。そしてこれからも。

halukaは、長期優良住宅に標準対応しています。
20年という年月を経て、なおかつ輝きを失わない家。halukaは、快適に住み続けられる家をお約束します。

halukaの長期優良住宅認定基準対応状況

長期優良住宅とは

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられていると所管行政庁が認定した優良な住宅のことです。平成21年6月4日に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」により認定の基準や申請手続きが決められています。認定取得は強制ではなく任意ですが、認定を取得した住宅(長期優良住宅)に対しては、さまざまな税制優遇が適用されます。

長期優良住宅の普及を促進することで、環境負荷の低減を図りつつ、良質な住宅ストックを将来世代に継承することで、より豊かでやさしい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

※詳しくは、弊社営業担当へお気軽にお聞き下さい。
※標準対応については、商品・地域・プランにより対応が異なる場合があります。
※所管行政庁により申請にかかる費用や期間が異なります。

performance03 「かせるストック」認定住宅

住宅に新しい付加価値が生まれる「かせるストック」

移住・住みかえ支援機構(JTI)では、同機構が認めた外部の耐久・耐震性基準を満たし、長期にわたるメンテナンス体制を備えた新築住宅を、「移住・住みかえ支援適合住宅(かせるストック)」と認定しています。新築購入時にJTIから「移住・住みかえ支援適合住宅」の認定を受けた住宅なら、簡単な手続きで、いつでもJTIの「マイホーム借上げ制度」を利用することができます。また、住みかえで新築購入される際の「建築支援借上げ特例」や、多彩な定形ローンも利用できます。

ライフプランの変化に柔軟に対応

「かせるストック」認定住宅とは、いつでもJTIの終身借上げの対象となる家。つまり長期にわたって現金収入を産んでくれる家です。「家を建てる前から、賃貸に出すことを考えるの?」と思われるかもしれませんが、長持ちする住まいだからこそ、考えられるメリットです。簡単な手続きで家を資産として活用できることは、ハウジングライフに自由と安心をもたらします。

メリット01

いったん購入した家に
縛られることがなくなります。

メリット02

万一に備えた
「家賃返済特約付きフラット35」
も利用できます。

メリット03

住宅に新しい付加価値が生まれます。

よくあるご質問

制度に申し込めば、すぐに毎月家賃を受けられますか?

まだ家のローンが残っていますが、「マイホーム借上げ制度」を利用できますか?

店舗の借上げはできますか?

ずっと終身で借上げてもらえますか?逆に、いつでも解約して家に帰れますか?

賃料はどのように決まるのですか?

ハウジングライフ(住生活)プランナーとは何ですか?

既に所有しているマイホームを、適合住宅として認定してもらうことはできますか?

現在マンション(持ち家)に住んでいますが、子供が大きくなり手狭になったため、戸建て購入を 計画しています。これから購入する住宅がJTI適合住宅ですが、今のマンションはJTIで借りて頂けますか?

適合住宅制度はいつまで保証されますか?

performance04 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

美しさを保ちつつエネルギー収支をゼロまたはプラスへ

北洲ハウジングが考えるZEHは
環境問題に対し、真摯に建築的アプローチで対応し、ご家族の「家中どこでも暖かく、健康で快適な暮らし」を実現する住まいこそが私たちの考えるZEHです。

美しさを保ちつつエネルギー収支をゼロまたはプラスへ

ZEHを達成するために必要なポイントは、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つです。

( 断熱 + 省エネ ) - 創エネ ≦ 0(1年間のエネルギー総量)

  1. 断熱:無駄なエネルギーを使用せずに、断熱材はもとより、断熱窓や断熱扉等を活用しエネルギーロスを最小限に抑えます。
  2. 省エネ:電力の消費量が少ない製品を使用する等、消費する電力量を減らします。
  3. 創エネ:創エネ設備機器では太陽光発電システム等があります。エネルギーを生み出して電力をためましょう。

北洲ハウジングの家づくり

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、使う電力より創る電力が大きくなる住まいのことです。住宅の断熱性能や設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等で、年間の一次エネルギー消費量よりも、住宅から創り出されたエネルギーの方が正味(ネット)で上回る、またはその差がゼロになる住宅のことをZEH(ゼッチ)と言います。

北洲基準
外観デザインの考え方と、サステナブル耐震