木造ムービングハウス 『スマートモデューロ』

北洲は、一般社団法人「日本ムービングハウス協会」の販売及び生産パートナーとして、移動式住宅・木造ムービングハウス『スマートモデューロ』のご提案を行なっています。

 

”動く”ことで可能性は無限大

『スマートモデューロ』は、アーキビジョン21(本社:北海道千歳市)が開発した次世代型のムービングハウスです。

海上コンテナ輸送に使われる40フィートコンテナと同サイズ(2.4m×12m≒30㎡)で、ユニットを組み合わせて3階建てまで対応することができます。もともとは北海道で住宅として開発されたもののため、耐震性・断熱性・防音性を備えています。

北洲は、2021年1月に一般社団法人「日本ムービングハウス協会」(北海道札幌市)と販売及び生産パートナーとして契約を締結しました。岩手県にある自社工場での生産体制を整備し、全国へ『スマートモデューロ』を販売してまいります。

 

住宅・店舗・オフィス等、多用途に使える木造ユニット

『スマートモデューロ』は、住宅技術を詰め込んだ、移動可能な木造のムービングハウスです。トレーラーハウスでもキャンピング・トレーラーでもない、全く新しい発想から生まれた移動式木造住宅です。

 

居住性の高さ

『スマートモデューロ』は耐震性・断熱性・防音性を兼ね備えた移動式木造住宅です。内装には無垢材を用いており、天然木の風合いが楽しめる住環境を実現します。

ビジネスユースの場合

初期投資を抑えた事業展開を図るのに有効です。期間限定ショップやアンテナショップへの利用などに最適です。

スピード納品

最速2週間程のスピード納品が可能です。新型コロナウイルスの療養宿泊施設など、緊急を要する場合にも対応できます。

 

シングルタイプ

1ユニット、幅2.4m、長さ12m、高さ2.89m(天井高2.4m)のスタンダードタイプ。様々なアイディアを詰め込める約18畳のスペースです。

 

通路連結タイプ

シングルタイプを通路で連結。ウッドデッキで連結することで、スペースの効率化とデザイン性を両立できます。

 

連結タイプ

シングルタイプを連結して広々空間に。木造で建てられる面積の限度以下であれば、前後左右は無制限に組み合わせることができます。

 

災害時は、応急仮設住宅に

『スマートモデューロ』は、非常時・災害時には応急仮設住宅としての活用も考えて開発されました。

 

低コストでスピーディーに導入、社会的備蓄として

東日本大震災では、5万3千戸の仮設住宅が建設されましたが、すべて完成するのに約1年を要しました。また、阪神淡路大震災時に建設された4万3全戸の仮設住宅は、すべて廃棄処分となりました。

『スマートモデューロ』は、到着し、短い施工期間で、人々の生活と健康を支える、快適で安全な空間をお届けすることができます。

弊社は、東日本大震災の被災地である岩手県、宮城県を拠点とし、培ってきた技術と経験を生かし、県や市町村と同協会との「平常時地域まちづくり活性化の包括協定」、「応急仮設住宅建設に関する協定」の締結を推進していきます。

 

 

『スマートモデューロ』活用事例

『スマートモデューロ』は既に北海道をはじめ全国に多くの活用事例があります。

住居

 

宿泊施設

 

店舗(カフェ)

 

社員寮

 

保育施設

 

教育施設

 

店舗(レンタルバイク)

 

カタログ差し上げます-ぜひお問合せください-

スマートモデューロのご紹介パンフレットをご用意しています。   

カタログ請求や販売価格・設置方法、納期等のお問合せは下記フォームもしくはお電話にてお願いいたします。

 

スマートモデューロお問合せフォーム

個人情報の取扱についてはこちら

 

お問合せ先

株式会社 建設・資材事業部 企画業務部
〒983-0034 宮城県仙台市宮城野区扇町5丁目3-20
担当:千葉、山家
TEL:022-237-5711