【宮城県加美郡】ご実家への同居。純和風建築の良さを活かしながらプライバシーと動線を工夫した住まいへ!

担当者

  • 堀川 陽一

    築30年の木造在来平屋建ての「断熱改修リフォーム工事」のご紹介です。
    和と洋の融合、新たなご家族の快適で暮らしやすい間取りに、リノベーション致します。
    どうぞご覧ください!

目次

  1. 工事前のお住まいをご紹介します!

    1. 築30年純和風建物のリフォーム工事をレポートさせて頂きます!
      とても大きな平屋建築ですが、冬の寒さが大きな課題です。また、ご家族のプライバシー確保と孤立した台所の改善を行います。
      外皮の開口部の改修(納まり)方法、必見です!

    2. 二間続きの純和室。奥の空間が大きく変わりますよ!今後の進捗が楽しみですね~。

    3. こちらがその一部の状況です。主寝室として機能するように、様々な工夫を行っていきます。

    4. 茶の間です。右奥が台所になります。この部屋をLDKに改修していきます。

    5. 建物南側の縁側です。今回その半分をお部屋に改造します。

    6. 現在の開口部サッシです。1枚ガラスでは、外の厳しい寒さが直に伝わってきてしまいますね。

    7. 外壁は「真壁」という伝統的な意匠ですね。サッシ交換をするためにはしっかりとした断熱技術が必要です!

    8. 現在の食堂です。リビングと一体性を持たせる改修を行います。各部屋の床の高さが違うため、入念な施工計画を立てたそうです!

    9. キッチンは17年前にリフォームしましたが、今回、配置を変えるために思い切って交換されるようです!

    10. 立派な浴室ですが、とにかく「寒い!」とのこと。北洲の断熱改修で、脱衣所とともに暖かい空間に生まれ変わりますよ!!

      今後の工事の進捗にもご期待ください。

  2. 着工~解体工事完了!

    1. こちらの写真は離れの納屋なんですが、なんとお客様が職人さん達の休憩スペースとして開放してくださったそうなんです!
      よく見ると、冷蔵庫や電子レンジまであります!
      これは作業が捗りそうですね~。
      ありがとうございます!!

    2. 茶の間の畳を取り、フローリングにするための準備をしているところです!

    3. 浴室を解体し、新しいユニットバスを据付けるためのコンクリートの床(土間)が打ち終わりました。

    4. 土台には、過去の白蟻被害による大きな傷みが見られます。
      こうした箇所もしっかりと確認をし、必要な交換を行っていきます!

    5. 主寝室に改装するために、不要な建材をどんどん取りはずしていきます!
      和室がどのように素敵な寝室に変化していくのか、今後が楽しみですね~!

  3. 造作工事が順調に進んでいます!

    1. 主寝室の形が見えてきました!
      大壁仕上げの洋間に大変身中です。

    2. 壁の断熱材が無い部分には、新たにこんな断熱材をしっかりと充填していくんですよ!

    3. さて、こちらは何でしょう??
      完成をお楽しみに!!

    4. 新しい高断熱サッシの入れ替えが完了しました!
      大工さんって、すごいですね~。
      下の写真は傷みのあった木材を交換したところです。

    5. 同じくサッシ部分。
      外壁とサッシの取り合いは、着工前に入念に打合せをされたとのこと。
      この後、防水工事の予定です!

    6. こちらは廊下ですね。
      とても趣のある雰囲気ですよね!
      良いものは極力活かしていくんですって。

    7. ユニットバスの組み立てが完了しました!
      内開きの窓を開けると・・・、氏神様が見守っていらっしゃいます!

    8. 機械工具の使用はできない部分。
      最後は熟練大工の手作業が入ります。
      精魂込めた技術に、温もりも感じます。

    9. 大型断熱サッシで、開口部の熱の出入りを一気に遮断します。効果が高そうですね。
      きっと、これまでの寒さが一変しますね!

  4. 内部外部ともに丁寧な工事が続いています!

    1. 和の雰囲気とも調和した玄関引戸が入っていますね!
      暖かさも兼ね備えた素敵な玄関になります。

    2. 茶の間の畳スペースはもうフローリングに変わっていますね。
      和と洋の融合がまさに進んでいます!

    3. 純和室だったお部屋に、新しいサッシがきれいに納まっています!
      暖かさも格段に向上しますね。

    4. キッチンも入りました。
      レンジフードの下側は壁ではないようです。。
      どんな仕上がりになるのか楽しみです!

    5. サッシ交換を行った部分の防水処理もしっかりとされています。
      職人さんはすごいですね~!

    6. こちらもサッシ周りの写真です。
      丁寧な作業が見て取れますね!

    7. 屋外につながる倉庫へのドアです。
      ドアを開けた先が倉庫ですね。
      断熱ドアになっており、断熱の区画もしっかりととられています!

    8. あ、この形は前に見ました!!
      職人さんが型(カタ)のようなものを手にしていた写真がありましたね。
      トイレのカウンターだったんですね。

    9. 床の間だったところがこんな大容量のクローゼットに生まれ変わっていました!
      すごい変化ですね。

    10. 以前の欄間部分なんですが、片側はボードで塞いているものの、反対側からみるとその欄間が残っているんです。
      ボードとの間にシナ化粧板というものを施しつつ、こんな和と洋の融合を図るなんて、粋ですね!