セカンドライフの豊かさグレードアップ

断熱リフォーム×ウィンターガーデンで

セカンドライフの豊かさをグレードアップ

例えば親の介護を終えた時、定年退職を迎えた時、「さぁ、これからをどう生きようか…」、セカンドライフに目を向けた住まいの在り方を考える方も少なくないかもしれない。今回、お住まいを拝見させていただいたS様もそんなご夫妻のひと組。約30年前、ゼネコン勤めの一級建築士が設計して住んでいた家を気に入り、購入したというその住まいは、セカンドライフをさらに豊かにするために、暮らしの質をグレードアップさせるリフォームを実現。心地よく、愛おしい人生を愉しむ舞台を手に入れられた。

 

30年越しの夢が叶った憧れの家

寄り添ってくれる担当者の姿勢が決め手

かつてご主人が現役時代、同僚の中に北洲で家を建てた方がいたという。木の温もりに包まれた落ち着き、アンティークな雰囲気、心安らぐ北欧デザイン…。同僚の青写真を見ながら、ほのかな憧れを抱いていた。リフォームをするなら「ずっと憧れ続けてきた北洲さんで」。心はほぼ決まっていたが、参考までに他も見比べながら、思いを膨らませていった。

「断熱性能」「使っている素材」「予算」など、様々な要素が希望に合致していたこともあるが、決め手になったのは、担当者の「できることから始めましょう」の言葉だった。自分たちに寄り添ってくれる、そんな姿勢に信頼を寄せ、北洲とのリフォーム計画がスタートした。

 

部分断熱を経て、より快適に暮らすために

住まい全体の断熱リフォームを実現

 S様のリフォームは3回に渡って計画を行った。「こんな風にしたいという住まいのイメージが浮かんでも、具体的に見えていない。うまく伝えきれていない…」、そんな時もあったという。しかし、いつも担当者が伴走してくれた。アドバイスをしてくれた。「北洲さんは、単にデザイン性に優れているだけでなく、いろいろな方向から考え、リフォーム後の生活を、生活の道順を見せてくれたことが、とても良かったと思います」とS様は言う。

 

最初に行ったのは、階段の架け替えを含めた間取りの変更と断熱リフォームだった。この時は、水廻りと一部のサッシの断熱工事を行った。ひと冬を越してみたが、断熱工事をしたところ・しないところに歴然と差が生まれ、工事をしていないところ、つまり弱い部分に水蒸気が集まることを目の当たりにした。

さらに夏の猛暑にも、違いの差を見せつけられた。じりじりと照りつける夏の陽射し。断熱工事を施した場所は暑さを感じにくいが、逆に工事をしていないところ、特に2階の暑さは凄まじい。「あの暑さにはもう、懲り懲り。より快適に暮らすために、徹底的にやろう!」-。全ての開口部と床下、小屋裏まで建物丸ごと断熱し、住まい全体が暖かく、夏は爽やかに過ごせる場所へと生まれ変わった。

 

暮らしを彩るウィンターガーデン

庭を眺める時間は至福のひととき

 S様邸の玄関を入ると、クラシカルなピアノの間、その先に続く佇まいの美しい和室の窓越しに、手入れの行き届いたワイドに広がる庭を見渡せる。春なら清楚な白い花を咲かせる姫リンゴの木が、訪れる人を優しく出迎えてくれる。花が大好きだという奥様の趣味はガーデニング。家事を終えると、庭の草木に水を遣り、ご主人と共に草むしりに精を出す。庭の手入れをし、庭を眺めている時間は、奥様にとっての至福のひとときだ。

 

 南側にある庭の草木はお日様を浴びながら元気に育つ。一方で、冬越しさせたい鉢植えの状態はどうしたって気に掛かる…。「廊下のようなイメージで、屋根付きの部屋のような暖かい物干し場があったら…」。実用的であり、鉢植えを置くこともできそうだ。しかし「せっかく作るなら、納得のいくカタチにしたい」。散歩の途中、いろいろなお宅を参考に思いを巡らせながら、約2年掛かりの構想で出来上がったのが、一部にタイルを敷き詰めた、六角形の可愛らしいウィンターガーデンのスケッチ画だった。こんな空間があれば冬の庭も寂しくない。実用的にも便利に使える。こうして奥様の描いたスケッチ画をベースに、暮らしを彩るウィンターガーデンが出来上がった。

 

塗り壁にオレンジ色の照明が優しい影を作る。フィンランド産の腰壁の質感がえも言われぬ魅力を醸し出す。祖父の代から愛され続けてきたアンティークの家具やランプなどの調度品…。まるでそこが約束されていた指定席のように、この空間にしっくり溶け込んでいた。

 

暮らしの豊かさ、それは

生活全てに関心を持ち続けること

 家に暮らしを合わせるのではなく、自分たちの「やりたい」ように家を変える。それが豊かなセカンドライフのためのリフォームの形かもしれない。在職中は仕事で忙しく、なかなか庭を鑑賞する時間がなかった。「これからは妻と一緒に、庭を身近に感じたい」とご主人。夏涼しく、冬暖かい快適な暮らしだけでなく、「新しい夢が見つかった」ことに目を細めながら、頷かれていた。

 旅に出かけても、「やっぱり家がイチバン!」-。奥様にとって、家の中で過ごす時間は何より愛おしいものだという。家はお二人にとって人生そのもの。だからこそ「丁寧に暮らし、存分に愉しむ」ことを大切にされている。整理整頓を心がけ、突然、来客があっても雑然とした印象を与えないようにする。祖父の代から使ってきた家具も、祖母から譲り受けた食器も、そして暮らしを彩る庭の草木も「生活に関わるもの全てに関心を持ち続けることが、豊かな暮らし」と。そんな暮らしの背骨とも言える考え方を持つ姿は、凛としていて艷やかだ。

 

S様邸では、季節ごとに陽射しの入り方も考慮しながら、家具の配置や絵画のセレクションを変更したり、夏ならひんやりと涼を感じるために和室の襖を外すのだという。襖は壁に立てかけるとアクセントウォールに早変わり。これまでとは違う表情で目を歓ばせてくれる。そうした丁寧な暮らし方は、ここに暮らす家族も、訪れるゲストも、その時期、最高の場所に腰掛け、季節の移ろいを感じることができるようにという想いから。先代から受け継いだ暮らしの道具たちを大切にしながらも、「変化を楽しむこと」-、それもまたS様にとっての「暮らしの豊かさ」のひとつなのかもしれない…。

施工情報

地域
仙台市泉区
工事価格帯
700万-1000万未満
築年数
築31年
建物種別
戸建て
構造
木造軸組工法
増築面積
5.78㎡(1.75坪)
断熱改修
1、2階の断熱改修(床下・小屋裏)、高性能樹脂窓へ交換(以前交換していた部分を除く)、断熱玄関ドアへ交換
工事内容
ウィンターガーデン増築工事、その他メンテナンス工事
使用商品
  • リノベネクスト
    リノベネクスト
建物の種類
  • 戸建て
    戸建て
  • マンション
    マンション
  • その他
    その他
カテゴリ
  • リノベーション(フルリフォーム)
    リノベーション(フルリフォーム)
  • 断熱リフォーム(暖かく快適に)
    断熱リフォーム(暖かく快適に)
  • 内装をリフレッシュ(外壁・屋根)
    内装をリフレッシュ(外壁・屋根)
  • 外装をリフレッシュ(外壁・屋根)
    外装をリフレッシュ(外壁・屋根)
  • 外構(エクステリア・お庭まわり)
    外構(エクステリア・お庭まわり)
  • 水まわり設備をリニューアル(バス・トイレ・キッチン)
    水まわり設備をリニューアル(バス・トイレ・キッチン)